「その価格じゃ嫌!」カメラの宅配買取キャンセルに関する注意点

「その価格じゃ嫌!」カメラの宅配買取キャンセルに関する注意点

 

 

カメラやレンズの宅配買取は、今でこそキャンセルは少なくなりました。

 

昔は、

 

「買取上限価格を伝える」

 

 

「査定時にけっこう減額する」

 

と言う手法が流行っていたので、キャンセルは続出でしたが、

 

今はその手法は減っているので、キャンセルも減りました。

 

詳しくは、↓を見ていただければと思います。

 

「買取上限価格」?「見積価格」?「査定価格」?

 

 

店舗での買取なら、買取価格をその場で聞いて、

 

嫌ならキャンセルして持って帰れば良いだけの話ですが、

 

宅配買取となると

 

商品を郵送してもらう

 

と言うプロセスがまた必要になってきます。

 

その部分で注意が必要なのですが、

 

カメラの宅配買取店は、その部分に関して店によって2通りに分かれており、

 

・キャンセル時の返送の送料は無料

 

・キャンセル時の返送の送料はお客様負担

 

と言う具合です。

 

 

この部分に関しては、店のホームページの細かい部分まで見て、

 

しっかりと事前に確認しておかないとトラブルのもとになります。

 

店によっては本当にわかりにくい所に書いていたりもします。

 

どうしてもわからない場合は、店にメールか電話で問合わせするのが一番手っ取り早いです。

 

 

「全ての店が、キャンセルのときの送料を負担してくれるのだろう」

 

「全ての店が、キャンセルのときの送料は負担してくれないなら、宅配買取は怖いなぁ」

 

と言うような主観で決め付けるのはやめて、

 

しっかりと確認するのが賢いです。

 

 

ちなみに、申込時に普通にお店に送る事に関しての送料は、

 

ほぼ全ての店が送料負担してくれているので、

 

そこは安心して良いかと思います。


 
inserted by FC2 system