あきらめるのはまだ早い。壊れたカメラは買取できる!

 

 

不具合があったり壊れていたりするカメラやレンズは、買取ができるのか。

 

結論から申し上げますと、

 

商品価値の高い機種でしたら、壊れていても買取してもらえます

 

 

それはなぜかと申し上げますと、
壊れたカメラやレンズにも需要はあります。

 

「機械マニア」「修理して使用する人」「修理して転売する人」、などが存在するため、
もともとが高級機種であれば

 

壊れた高級機種の中古相場
と言うのが存在します。

 

中古買取業者は、その「壊れた高級機種の中古相場」で販売する事を想定して、
買取価格をつけるのです。

 

 

代表的なメーカーであるCanonのレンズで言えば、
白レンズや上級機なんかがそうですね。

 

もちろん、故障の度合いや不具合の度合いにより買取価格がつかない場合もありますが、
新品でウン十万で買ったようなデジタル機種(何十年前に買った数十万のフイルム機種は厳しい)でしたら買取価格は高確率でつきます。

 

ですので、「壊れているから買取は無理だ」「不具合があるから買取してもらえないだろうなぁ」とあきらめるのは早いです。

 

 

では、

 

壊れたカメラを修理してから買取してもらったら得なのか?

 

と言う点ですが、

 

これは間違いなくします。

 

 

カメラやレンズは精密機械ですので、修理するには技術がかなり必要です。
それなりの技術料が取られます。

 

ですので、単純に 買取価格<修理代金 と言う事が普通に起こります。

 

修理してもらう手間をかけた上で、買取に出してしまうと、
店側しか得をしません。

 

修理してから買取申込に出すのは賢くないと認識したほうが良いです。

 

 

また、壊れているからと言う理由で、1店舗だけに見積を任せることも控えましょう。

 

壊れたカメラやレンズでも、やっぱり買取店によっては買取価格が違いますので、
できれば買取価格が高いお店に任せたほうが賢いです。

 

壊れていても、相見積は必須です。

 

 

 

 

 

 


 
inserted by FC2 system