タイムイズマネー!乗り換えへのカメラ買取は急がないと損をする!

タイムイズマネー!乗り換えへのカメラ買取は急がないと損をする!

 

 

 

野菜には鮮度と言うものがあります。

 

それと同じく、一眼レフカメラやレンズにも鮮度があります。

 

その鮮度と言う意味は「新発売されてどれだけ期間が経っているか」と言う事。

 

 

パソコンやコンデジなどに比べると

 

デジタル一眼レフカメラやレンズは中古相場の下落スピードは圧倒的に緩やかですが、

 

それでも鮮度がなくなってくれば価値は下落して行きます。

 

 

カメラ好きの人達がよくするのは、新鮮な新機種が登場した時に、

 

今まで使っていたカメラを買取に出して新機種に乗り換えると言う行為ですが、

 

これにももちろんコツがあります。

 

 

それは、皆さん予想がつくと思いますが、

 

「とにかく急げ!」

 

の一言につきます。

 

業界に勤めていた身からして、

 

買取価格をマジで気にされる人は本気で早く動かないと損をします。

 

 

 

イメージモンスターの2代目が登場した時はすごかった

タイムイズマネー!乗り換えへのカメラ買取は急がないと損をする!

 

例えば、去年の下旬にEOS 7D Mark2が発売されました。

 

その時に、一個前の機種のEOS 7D(初代)を持っていた人達は

 

いっせいに買取に出したようです。

 

 

買取が殺到すると言う事は、カメラ買取店に初代の7Dが殺到する事になります。

 

初代7Dが殺到すると言う事は、カメラ屋さんに初代の7Dばかりが集まる事になります。

 

そうなると、どう言う事か皆さんわかりますよね?

 

 

初代7Dがカメラ販売店で供給過多になる

 

 

初代7Dが 需要<供給 になる

 

 

需要<供給 となった商品は価格を下げないと売れない

 

 

売り値が下がると言う事は、買取価格も下がる

 

 

・・・となってしまうのです。

 

 

 

マップカメラのワンプライス買取での差がすごい件

 

EOS 7D Mark2 の登場した時の 初代7D の買取価格の変動が特に顕著に見られたのが、

 

大手のマップカメラが行うワンプライス買取。

 

 

EOS 7D Mark2 が登場する前の初代7Dの買取価格は 4万円前半 だったのが、

 

EOS 7D Mark2 が登場してからの数ヶ月で

 

一気に 3万円前半 まで下落していました。

 

 

今では 初代7D の買取価格は回復しております。

 

それはなぜかと言うと 外国人に人気があるから と言う理由。

 

初代の7Dに関してはたまたまこう言う事(買取相場が回復する)が起こりましたが、

 

まず買取価格が回復する事は滅多にありません。

 

普通は下がる一方です。

 

 

皆様も注意しましょう〜。


 
inserted by FC2 system