まるで生鮮食品・・・。デジカメは上位機種と新しいものが買取可能!

まるで生鮮食品・・・。デジカメは上位機種と新しいものが買取可能!

 

 

一眼レフカメラよりも所有率の高いコンパクトデジタルカメラ。

 

デジタル一眼レフカメラに馴染みのない人は、

 

コンパクトデジタルカメラの事を「デジカメ」とよく言うと思います。

 

レンズとボディが一体型になっているものです。

 

 

正式には、レンズ交換をするデジタル一眼レフカメラの事も「デジカメ」と呼びますので

 

コンパクトデジタルカメラは「コンデジ」と略称してよく呼ばれています

 

 

そんなコンデジですが、

 

デジタル一眼レフカメラより安いものが多く、

 

普及率もとても高くてモノ自体が非常に多いので、

 

買取価格は正直期待できないものが多数です。

 

 

ですが、もちろん全てと言うわけではありません。

 

 

ある程度の価格で買取できるコンデジを以下にまとめました。

 

 

 

コンパクトデジタルカメラの中でも上位機種にあたるもの

 

コンパクトデジタルカメラでも、性能や描写力にこだわったモデルは多数存在します。

 

CanonやNikon、FUJIFILM、で言えば、

 

誰でも一度は聞いた事があるかもしれませんが、

 

COOLPIX(クールピクス)PowerShot(パワーショット)Finepix(ファインピクス)、などがそうです。

 

この種類だからと言って全てに買取価格がつくわけではありませんが、

 

大体この辺りは上級機種を出しています。

 

もちろん、その他、

 

オリンパスではSTYLUS(スタイラス)であったり、

 

ソニーのDSCシリーズもあったりします。

 

 

身内のデジカメを買取に出す時に本人がカメラに詳しくなければ

 

上記の名前だけではわかりにくいと思いますので、

 

見た目だけで説明すると、

 

以下の画像のような、

 

レンズが少し飛び出ている大きめのレンズ一体型カメラ

 

と言えばいいでしょうか。

 

まるで生鮮食品・・・。デジカメは上位機種と新しいものが買取可能!

 

 

 

買取価格がつかないものは?

 

逆に、買取価格が0円になりやすいのは、

 

・登場した時の新品価格が1万円以下〜2万円以下のもの

 

・登場してから3年ぐらい経過しているもの

 

と言った辺りでしょうか。

 

 

レンズ交換式のデジタル一眼レフカメラに比べて、

 

コンデジは、新機種の移り変わりが比べ物にならないぐらい激しいスピードです。

 

これはパソコンと同じです。

 

 

とてつもないスピードで新機種が続々と登場するので、

 

それぞれの機種の買取価格の下落はそれに準じてとても早いです

 

これは生鮮食品と同じで、新鮮な内でないと価値がないと言う事になります。

 

 

 

 

コンデジを買取に出す際には、状況を見極めたほうが損が少ないと言えます。

 

 


 
inserted by FC2 system