「買取上限価格」?「見積価格」?「査定価格?」

 

 

インターネットでの宅配買取や出張買取には、

 

「見積価格」
「査定価格」

 

と言うものがあります。

 

●見積価格
電話やメールで商品の名前や状態などを聞き、
およその価格を伝える。

 

●査定価格
商品そのものをチェックして、本当の買取価格を算出する。

 

ザックリ言うと上記のような意味になります。

 

 

インターネットでの宅配形式や出張形式での買取でしたら、
まず電話やメールで店に問い合わせて、「見積価格」を出してもらいます。

 

その見積価格を聞いて、「その値段だったら売ろう!」となれば、
商品を店側に渡して「査定価格(買取金額)」を出してもらいます。

 

昨今のインターネットでの買取店は、だいたいどこもこの手法です。

 

そして、タイトルにもあります「買取上限価格」と言うのは、
文字通り「買取金額はここまで出せるものですよ」と言うもの。

 

少し昔のインターネット買取では、
見積価格を「買取上限価格」として伝え、
商品を査定した時点で「査定価格」をお客さんに伝えていました。

 

言い方は悪いですが、この手法はいま思えば、大変タチの悪い手法でした。

 

 

たとえて説明しますと、

 

 

Aと言う商品の見積価格を30,000円と伝える

 

 

お客さんからAと言う商品を渡され、商品現物を査定する

 

 

「傷がある」「スレがある」「汚れてる」など厳しくチェックして、
見積価格から減点方式で減額していく

 

 

「査定価格は15,000円ですよー」と伝える

 

 

・・・まさに、お客さんをだましている感じ。

 

ですが、少し前はこれがまかり通っていました。

 

と言うかコレが普通だったので、みんな当たり前のようにやっていました。

 

 

 

最近では、↑の手法はかなり減ってきており、
むしろ↑の手法をまだ使っているのは、
ブランド力のある企業か、時代遅れの考えの店、のみかと思います。

 

今はどこの店でも「買取上限価格」と言うのは伝えず、
「見積価格」「査定価格(買取価格)」と言う風に成約しようと店側は努力しています。

 

 

ですので、

 

電話やメールで問い合わせた時点で「買取上限価格」を伝えてくる店
「見積価格」から減額してきそうな店
を選ばないように気をつけましょう。


 
inserted by FC2 system